さいたま市図書館ビジョン

 さいたま市の図書館は、図書館が取り組むべきサービスや管理運営の目標などの基本方針を「さいたま市図書館ビジョン」として策定しています。
 詳細はこちらをご覧ください。

図書館ビジョン(第2期)

 令和2年度をもって、平成25年に策定した図書館ビジョンの実施期間が終了することから、第2期の図書館ビジョンを策定しました。【対象期間:令和3年度~10年度】
「さいたま市図書館ビジョン(第2期)」では、「本と人 人と人が出会う「知のひろば」」を基本理念とし、4つの基本的方向性を定めて、ビジョンの実現に向けて取り組んでまいります。
 概要版はこちらをご覧ください。

 

 ■基本理念  「本と人 人と人が出会う 「知のひろば」」

 
  • 基本的方向性1  知りたいにこたえる
 
  • 基本的方向性2  本と人とをつなげる
 
  • 基本的方向性3  子どもの豊かな心と生きる力をはぐくむ
 
  • 基本的方向性4  つながりから地域の未来をひらく

ダウンロード

図書館ビジョン(第1期)

 平成18年に策定した「さいたま市立中央図書館整備基本計画」から6年余りが経過し、社会経済情勢の変化に対応していくため、今後さいたま市図書館が取り組むべきサービスや管理運営の目標などの基本的な方針を「さいたま市図書館ビジョン」として策定しました。

 「さいたま市図書館ビジョン」では、さいたま市の図書館を「地域の知の拠点」として位置づけ、その役割を果たしていくため、以下の4つの目標を掲げました。

  • 知的好奇心に応える図書館
  • 生きる力を支える図書館
  • 市民とともに歩む図書館
  • 誰もが安心して使える図書館

 また、上記4つの目標を実現していくための22の基本方針を定め、25年度から取り組みを推進していきます。

ダウンロード