ホームページ・館内利用者用検索端末から予約ができます

ホームページ・館内利用者用検索端末から、資料の予約やご自分の利用状況確認、貸出延長、予約資料の取置期限延長の手続きができます。 前もって、本パスワードの登録が必要です。

ホームページ・館内利用者用検索端末から予約ができるようになるまで

図書館に登録された方が対象になります。(市内在住・在勤・在学等) 予約を行うためには、図書館利用者カード(利用者番号)とパスワードが必要です。

インターネットから予約をしていただくためには、事前にお手元の図書館利用者カード番号にパスワードを登録していただく必要があります。パスワードを登録する方法は、2通りあります。

<方法1 ホームページから登録をする場合>
さいたま市図書館ホームページのマイページから「パスワードの登録はこちらへ」というボタンを押してください。図書館利用者カード番号のほか、図書館に登録している電話番号と生年月日を入れ、お使いになるパスワードを設定することができます。

<方法2 図書館に来館する場合>
図書館利用者カードをご持参のうえ、お近くの図書館にご来館いただければ仮パスワードを発行します。その後、さいたま市図書館ホームページのマイページからお使いになるパスワードへの変更を行ってください。この方法の場合は、電話番号や生年月日での本人確認は不要です。

<連絡先の登録>
マイページで、予約の連絡を受け取るメールアドレスを登録してください。メールアドレスが登録されていない場合は、予約の資料が届いても連絡がありません。

<資料の検索・予約>
1.トップページの「資料を探す」という欄に書名や著者を入力して検索をしてください。
2.検索結果から、資料を予約かごに追加したら、受取希望館と連絡方法を選択してください。
3.「チェックした資料をすべて予約登録する」というボタンを押すと予約が完了いたします。予約資料が受取希望館にご用意できましたら、登録してあるメールアドレスに連絡を差し上げます。

パスワードにつきまして

  • パスワードはご本人に管理していただきます。
  • パスワードは2種類です。(ホームページ・館内利用者用検索端末用、音声応答システム用)
  • 各図書館のカウンターで発行した仮パスワードでは予約やご自分の利用状況の照会はできません。必ず本パスワードに変更してご利用ください。
  • ホームページ・館内利用者用検索端末用の本パスワードは、4桁から10桁までのあいだでアルファベットと数字を使います。さいたま市図書館のホームページ上及び館内利用者用検索端末で登録・変更をしてください。
  • 万一、パスワードを忘れてしまった場合には、再度お申し込みください。その際、以前のパスワードは無効になります。

電子メールアドレス登録のお願い

  • 電子メールは、電話よりも用意できた資料の情報をすみやかに受け取れる方法です。パソコンのメールのほか、携帯電話のメールも使うことができます。
  • ホームページから所蔵資料を予約される方は、電子メールによるご連絡となります。ホームページでご自分のメールアドレスの登録をお願いします。仮パスワードから本パスワードへの変更に続いてのメールアドレス登録がおすすめです。
  • 本パスワードへの変更とメールアドレスの登録が終われば、検索だけでなく予約もただちにできるようになります。是非ご利用ください。
  • さいたま市図書館からのメール受取を拒否するメールフィルター等の設定は解除しておいてください。
    メールアドレスは「oshirase@lib.city.saitama.jp」、ドメインは「lib.city.saitama.jp」です。
    また、予約連絡メールには、予約照会や開館・休館案内を確認できるように、メール本文内にURL(アドレス)を記載しております。URL付メールを受け取れるように設定をお願いします。

貸出延長につきまして

  • ホームページ・館内利用者用検索端末・自動音声応答システムで貸出延長が行えます。
  • 貸出延長は同じ資料に対して1回できます。(ただし、予約がある資料は貸出延長が出来ません)
  • 貸出期限内の資料の延長は、手続きをした日から14日です。
  • 貸出期限を過ぎた場合も延長はできますが、過ぎた日数分を14日から引いた日数分の延長となります。
  • 今までと同様に予約のある場合は延長できません。

貸出延長の説明

貸出期限日に貸出延長の手続きを行った場合
→手続きをした日から14日延長されます
貸出期限日より前に貸出延長の手続きを行った場合
→手続きをした日から14日延長されます
貸出期限日を過ぎて(14日以内の場合)貸出延長の手続きを行った場合
→過ぎた日数分を14日から引いた日数分の延長されます
貸出期限日から14日を越えて貸出延長の手続きを行った場合
→貸出延長はできません

自動音声応答システム(048-823-8200)のパスワードにつきまして

  • 自動音声応答システムをご利用の場合は、必ず、図書館で仮パスワードを入手する必要があります。
  • 本パスワードへの変更は仮パスワードの発行を受けてから可能です。自動音声応答システムで変更します。本パスワードは4~10桁の数字で設定してください。