としょ丸 こどもの本のページ

さくらとしょかん えほん「二度栗山(にどくりやま)のおはなし」(領家手づくり絵本の会)の読み聞かせ




むかし、かまぼこ山(やま)がありました。 

あるひ、そのあたりの村(むら)に、

まずしいみなりのお坊(ぼう)さんがやってきます。


この村のこども はなは、

お坊さんに栗(くり)をあげました。




中央区(ちゅうおうく)のかまぼこ山が、

どうして二度栗山(にどくりやま)とよばれるように

なったのかがわかる
おはなしです。


 

 「領家手づくり絵本の会」の絵本を、桜図書館職員が読み聞かせしました。「領家手づくり絵本の会」は、さいたま市の民話をもとにした版画絵本を作る、40年以上も続く市民サークルです。さいたま市中央区にある「二度栗山」に伝わる弘法大師のお話から創作された『二度栗山のおはなし』を、ぜひお楽しみください。
 また、『与野市史 民俗編』では、この「二度栗山と弘法大師」の伝説が紹介されています。こちらも併せて読んでみてはいかがでしょうか。さいたま市図書館でも所蔵しています。
 

 

(さくら)()()(しょ)(かん)()()えほん「二度栗山のおはなし」

YouTubeで配信しています。(新しいウィンドウで開きます)