レファレンス(調べもの)サービス

レファレンスサービスとは?

図書館では、みなさまの調べもののご相談に応じています。

レファレンスサービスは、おおむね次のような内容です。

  1. 「~という本はあるか? ない場合、どの図書館にあるか?」(所蔵・所在調査)
    書名や著者名などがわかっている場合です。
    ※さいたま市図書館で所蔵していない資料も、他の図書館から借用してご提供できる場合があります。
    「相互貸借・図書館間相互協力」のページをご覧ください。
  2. 「~に関する本はあるか?」「~について知りたいが何を見ればよいか?」(資料案内・調査援助)
    特定の内容に関する資料の紹介や探し方についてご案内します。
    また、専門的な関係機関のご紹介もいたします。
  3. 「~について知りたい」(事実調査)
    特定の事柄や事実を調べるお手伝いや資料の紹介をいたします。

所蔵している資料を使って、できる限りお調べします。直接さいたま市各図書館の窓口へ来館されるか、下記の「レファレンス受付」フォームでご相談をお申し込みください。質問の内容によっては回答に2週間ほどがかかる場合や、資料では適切な回答にいたらない場合があります。あらかじめご了承ください。

 お問い合わせいただいた質問と調査経緯を、個人情報が特定されない範囲でレファレンス事例として公開させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。また、公開されたくない場合はお申し出てくださるようお願いします。


下記の質問については回答できませんので、ご了承ください。

  • 宿題、課題、グループ研究、学校の授業に関係するもの
  • クイズ、懸賞の答え
  • 医療相談、法律相談、翻訳、鑑定
  • 個人のプライバシーに関係するもの
  • 本のリクエスト(予約)
  • 図書館やさいたま市に対する要望、苦情
  • 図書館として回答に適さないと判断したもの

レファレンス受付

回答は、中央図書館より原則としてメールでいたします。

内容によってはこちらからメールで質問事項の回答や確認をさせていただく場合もあります。 入力漏れなどがありますと,回答ができない場合があります。あらかじめご了承ください。

レファレンスデータベース (レファレンス協同データベース検索)

国立国会図書館 (※外部サイトに接続されます)」が運営する「レファレンス協同データベース」にさいたま市図書館が提供したレファレンス事例を簡易的に検索できます。
より詳細な条件で検索される場合は、「レファレンス協同データベース (※外部サイトに接続されます)」のサイト内の詳細検索のページをご利用ください。

さいたま市図書館が提供した事例をキーワードから探す

下の欄にキーワードを入力して、検索ボタンをクリックしてください

 

さいたま市図書館が提供した事例を一覧する

下のボタンをクリックすると事例の全件が一覧できます